2009年10月02日

日記

10/2up: 海南監督 Beautiful Islands 10/18初上映

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。


10/8update:サンプル版を観ました。素晴らしいです。美しいです。
わたしたちの星、わたしたちの島、わたしたちの暮らし、わたしたちの営み、わたしたち自身 は 美しい。
変な表現ですが、まるでどこか美しい映画の1シーンのように、リアルな日常にみとれてしまいます。カメラは透明で、観る者がそこにあるかのように自然に共にいてくれます。必見です。たくさんの人が観られますように。





この作品は気候変動に揺れる三つの美しい島を見つめた作品です。

南太平洋のツバル、イタリアのベニス、アラスカのシシマレフ島。気候も文化も異なる島でそれぞれに故郷を愛して生きる人々。撮影は、彼らの普通の“暮らし ”に焦点を当てて、3年がかりで行われました。絆を育む祭りや、長年受け継がれてきた伝統工芸、水辺のゆったりとした暮らし。そのどれもが、気候変動によって失われゆくものです。

人々がもし、故郷の島を失うならば、長年育んできた固有の文化や歴史は“死” を迎えます。そのはざまで生きる姿は、私たちの未来を暗示しています。

あえてナレーションやBGMをそぎ落とした構成を選びました。波や風の音に耳をすませ、子供たちの笑顔と旅する2時間余りの世界旅行。心を研ぎ澄まして内なる自分と向き合いながら見つめてほしいのです。本当に気候変動が起きた時、私たちが一体何を失うのか?を。

クレジット

監督・プロデューサー・編集: 海南 友子
エグゼクティブプロデューサー : 是枝 裕和

【ワールドプレミア上映  プサン国際映画祭ドキュメンタリーコンペ部門にて!!】
日時:10月11日(日)10時〜 場所:釜山Haeundae Megabox 12日、13日にも上映予定
<プサン国際映画祭とは>96年に始まったアジアを代表する映画祭。アジア映画の認知度を高めることに注力、新進監督を世に送り出す映画祭でもある。ドキュメンタリーコンペ部門の昨年の最優秀賞は想田監督の『精神』。“プサン”後にベルリンなど国際的展開を果たす作品が上映される。


<国内初上映は 東京国際女性映画祭(東京国際映画祭提携企画)>*
日時:10月18日(日)18時から  場所:東京写真美術館ホール(恵比寿)





posted by てんねん at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。