2009年10月27日

現場の様子

10/27up: 断熱内窓「暖窓(だんまど)」普及中!

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。


麹町にありますオフィスに、断熱内窓「暖窓(だんまど)」施工中です。



断熱内窓とは、一般のサッシの内側にもうひとつ重ねることで断熱性を大幅に高める窓。ガラスをかえたり太陽光パネルをつけたりするよりも低いコストで高い効果をうみます。
「天然住宅」の「暖窓(だんまど)」は樹脂でなく、くんえん乾燥したムクのスギ。
なので、香りもよく、そりや曲がりも少なく、からだによく、輻射熱効果でさらに省エネ、環境汚染もいたしません。
東京都では4/1より、オフィスにても CO2 の25%削減を義務化します。
「暖窓(だんまど)」をご活用ください。

詳細は
http://tennen.org/reform/

(なお映り込んでいるのは「素材工房」西澤です。ご安心を)






posted by てんねん at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現場の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。