2010年10月29日

現場の様子

10/28up: 秦野でも地鎮祭@10/13

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。



(丹沢 大山を望む。雨降り山 ともいうそうです。)

少々アップが遅くなりましたが、
秦野でも新築が始まりました。
よく晴れた10/13 朝に地鎮祭を行わせていただきました。



大地の神さまに礼をし、工事の無事と建主さまの健康をお祈りしました。




wikipedia によれば
地鎮祭(じちんさい・とこ しずめ の まつり)は、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言う。

一般には、土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場となし、斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で執り行う。祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等の供え物を供える。
とのことです。






いつもながら、身が引き締まります。
よきお住まいとするべく全力を尽くします。





posted by てんねん at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現場の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。