2011年06月18日

ご紹介

6/18up: 千葉いすみ「ブラウンズフィールド」近くに土地

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。


5月8日に弊社共同代表・田中優の講演会が千葉県いすみ市でありました。
マクロビオティック料理研究家としてご活躍中の中島デコさんからの依頼でした。
東京駅から特急で1時間ちょっと。
連れてきていただいたのは緑豊かでのどかな風景が広がるとても素敵な場所!
中島デコさんがご家族や仲間たちと一緒に営むカフェ「ブラウンズフィールド」でした。
http://www.brownsfield-jp.com/

大きな敷地には田んぼや畑が広がり、動物たちもいました。
建物は古民家を自分たちで改築したり、ゲストハウス用のツリーハウスがあったりと、
至るところに手作り感が感じられ、本当に居心地が良かったです。
どこか懐かしいような、穏やかな空気が流れるその場所は、
年初めに行ったラオスの村の風景を彷彿とさせ、思わずため息がこぼれました。
「こんな場所で暮らせたらいいなぁ」そう思ったのです。

その後、デコさんから

「近所に土地が売りに出ているんです。
天然住宅仕様の畑付き長屋みたいなものを建てて、
若い家族が越してこられるコミュニティーハウスができたらいいのに」

という嬉しいお言葉をいただきました。

デコさんの周り(ご近所)には、天然酵母のパン屋さんや伝統建築で家を建てる工務店さんなど、
自分たち流に暮らしを追求し、サスティナブルな生き方をされている方が多くいらっしゃるそうです。
どんな家を建てるかも大切ですが、どこに家を建てるかもとても大切なんだと思いました。
一生住む場所であるなら、そこで暮らす人たちとのつながりがとても大切になってくるからです。

前置きが長くなりましたが、先日、デコさんに紹介いただいた不動産会社さんに問い合わせてみると、
デコさんのご近所に1200坪という広大な土地(+古民家)が売りだされているとのこと。
天然住宅で何か企画を立てているわけではないのですが、せっかくなので、ご紹介させていただきますね。
興味のある方は是非直接問い合わせてみてください。

http://www7.ocn.ne.jp/~watanabe/baibai/uriya/502/502.htm




posted by てんねん at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。