2011年10月14日

イベント

10/14up: ミニラウンドテーブルのご案内 10/24(月)「価値の落ちない住宅を目指して―「森林」「長寿命住宅」「健康」「CO2削減」をつなぐ認証制度」

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。




2011年度ミニラウンドテーブルのご案内

■■■ 価値の落ちない住宅を目指して ■■■

―「森林」「長寿命住宅」「健康」「CO2削減」をつなぐ認証制度―

■趣旨:

これからの日本の住宅は、100年以上の長寿命性を持ち、住む人に健康的で、CO2排出量が少なく、森林を守ることが同時に要求されていくと、私たちは考えています。

そのため、当プロジェクトでは、住宅に関わるこれら様々な項目を客観的な尺度で表示できる、新たな認証制度の作成を進めています。

この認証制度は、中古住宅市場を含む将来の住宅価値を作りだし、経済的誘因によって現状を変えていく原動力になることを目指しています。

認証制度の成立には、認証機関、認定機関、認証基準、品質マネジメント基準と、認証に伴う経済的メリット、さらに国際動向を鑑みて論議を重ねる必要があり、当プロジェクトにおいても独自に研究を進めてきました。

今回のミニラウンドテーブルでは、当プロジェクトが現在考えている認証制度(天然住宅認証)が、中古住宅を含む将来の住宅価値を作りだす有力な手段になり得るのかについて議論します。

議論の中心は金融に関する内容になりますが、将来の価値が“0”になるという意味で消費財である日本の住宅を、名実ともに“資産”として価値を長く持続させるための方策を考える場ですので、ご関心のある多くの方々のご参加をお待ちいたしております。


■日時: 2011年10月24日(月) 18:00受付 18:30〜21:30

■会場:工学院大学 新宿キャンパス 28階第4会議室
http://www.kogakuin.ac.jp/map/shinjuku/index.html


■プログラム(案)

18:30〜18:35 開会挨拶・趣旨説明:
 田中優(PJ代表・一般社団法人天然住宅 共同代表)<司会>

18:35〜18:50 問題提起: 中古住宅市場の日米比較
 前田拓生(PJ研究員・NPO法人まちぽっと)

18:50〜19:20 基調講演: 住宅認証は中古住宅にどう影響するのか(仮)
 中城康彦(明海大学不動産学部 教授)

19:20〜19:50 天然住宅認証案の概要: (各15分)
 @ 現行の法規制・住宅と森林に関わる認証制度の問題点
    小川直也(株式会社アミタ環境認証研究所)

A 天然住宅認証案の説明
   相根昭典(PJグループリーダー・一般社団法人天然住宅 代表)

19:50〜20:00 ― 休憩 ―

20:00〜21:20 金融機関関係者との意見交換(会場参加者交え)

21:20〜21:30 まとめ・閉会挨拶:田中優(前出)


■主催: JST森街PJ(天然住宅グループ)

■お申込み方法
  お名前、ご所属を添えて、以下のアドレスまでお申し込み下さい。
  morimachi8@gmail.com





posted by てんねん at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。