2011年10月24日

被災地支援

10/24up:【報告】第二回復興住宅説明会

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。


10月の15-16日に第二回復興住宅説明会を開催致しました。
現地の一大イベント運動会と重なったこともありましたが、
仮設住宅にお住まいの方を中心に、
15日の清涼院では15名程、
16日浄念寺は5名の方がいらっしゃいました。
前回同様天然住宅の代表相根が、健康や環境の問題と
それを生かした山の再生、地元の雇用・産業の産出の話、
今回の復興住宅プロジェクトを説明しました。

IMG_1961.gif
写真 浄念寺説明会

気仙沼の生の声をお聞きし、現状をより理解するために
市内のいくつかの仮設住宅を訪問しました。
遠方の私達は仮設住宅をひとくくりにしていますが、
建設元によって仕様に大きな差があります。
鉄骨がむき出しのところもあれば、外壁パネルで覆っているところもあります。
鉄骨がむき出しのところは結露がもう始まっているそうです。
天井がすぐずれてきて、直さなくてはいけないので、
テープで止めなくてはならないところもありました。
一方玄関の表札は手作りしたり、鉢植えを植えて、
それぞれが個性を出しているところもあります。

ひがし.gif
写真 東松島仮設

けせん.gif
写真 気仙沼仮設

表札.gif
写真 表札

被災者はようやく仮設住宅に住み始めて、
一〜二か月経ち、やっと少し落ち着いたばかりで、
まだ家を建てる気持ちにはなれない方が多数いらっしゃいました。
建築規制も延期され、土地の確保という障壁も依然立ちはだかっています。
ただ、一部の方の内、仮設住宅に住んでみられて、
「できるだけ早く出たいので実物を見たい」というお声もございました。
その様なご希望にお応えするために、
11月13日日曜日13時から東松島の10坪2階建タイプの復興住宅の
見学会を予定しております。

現在建設中の東松島の復興住宅の現場では
地盤改良を終えたばかりで、これから基礎工事に入るところです。
建材と職人の人工が6割上昇と想像を逸した状況です。

ひがしげんば.gif
写真 東松島現場写真


今後の復興住宅の普及活動については、
シャンティ国際ボランティア会気仙沼支部主催の仮設住宅でのお茶会の場で
皆様の意見を汲んでいきたいと考えています。
お茶会では、住まいの専門家として
仮設住宅での居住環境改善の方法として
すぐにできることを中心にご提案致します。

ご期待下さい。



posted by GUEST at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。