2013年01月12日

日記

1/12up:森の駅推進協議会 新春研究会のご案内1/24 18:30〜@原宿

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。


あせるまじ冬木を切れば芯の紅        香西 照雄
今年もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます
新春の研究会には、協和木材株式会社の代表取締役の佐川廣興様をお迎えし、国産木材の現状と課題に就いてお話しをお伺い致します。
協和木材鰍ヘ昭和28年に創業されました。昨年は、約24万立法mの木材を生産する最大級の製材会社になり、昨年本社を東京に移されました。鹿沼、那須、八溝等の森林と地域密着型で国産木材の供給に心血を注がれました。また、安心・安全を目標にされ、3,4年前までは、集成材生産へ進出を躊躇ったと聞いております。バイオマスボイラーの設置や減圧型の中低温乾燥機の採用、環境管理課の新設等、環境に対する志の高さにこころ打たれるものがあります。
人は、森に生まれ命を育みました。森や木々は健康の源でした。木材は住む人を元気にし、医者のいない時代でも長寿でした。「国産材使用、住む人を元気にする」が、当協議会発足以来の理念ですが、いたずらに昔に回帰するのではなく、コンクリートや化学物質まみれた近現代の反省で、健康の場に少しでも長く人を置く工夫等からの帰結として、住む人を元気にする自然な住まいに考え直す必要がありそうです。これには大きな壁が存在しています。そうした現実に如何に対処するかを含めまして、お知恵を示唆戴ければと思っておいます。
「日本の森を元気にする」皆さまがたのご参加をお待ち申しております。 なお、ご多忙な方は、HP「森の駅発http://www.morinoekihatsu.net/」をご覧になって戴ければ幸甚です。   
                             記
1 月日時:平成25年1月24日(木曜日)18:30−21:30
2 場 所:「ベニーレ・ベニーレ」
(澁谷区神宮前四丁目31−10 YMスクエアー5F TEL 03-5775-5333)
3 講 師:佐川廣興様  (協和木材株式会社の代表取締役)
4 話 題:「国産木材の現状と課題に就いて」
5 会 費:3000円(軽食付き)
6 問合せ:岡本(TEL 090−3210−0344)

ご 返 事:ご参加いただける方は、
下記アドレスへメール又はケイタイにお願い致します。
morinoekihatsu@tbz.t-com.ne.jp
「森の駅」推進協議会の研究会への参加の旨と、お名前、連絡先をお知らせください。
よろしくお願いします。


posted by GUEST at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。