2013年06月05日

体験見学会・セミナー

6/4up: 森街プロジェクト:ミニラウンドテーブル:快適な木の家で森も事業も再生する 6/15(土)

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。




 現在、日本の人工林は収穫期を迎えています。しかし、材価の低迷も続き、森林管理を支えてきた林家のほとんどは林業単体では経営が成り立たない状態になっています。一方、快適な木の家を求める住い手と、それに応えようと国産木材を求める工務店、設計士は今でも多く存在し、政策としても国産木材の利用を推進していることから、国産木材に対する需要は少なくありません。それにもかかわらず、様々な要因により需要と供給のミスマッチが続いています。
本ミニラウンドテーブル(円卓会議)は、快適な木の家づくりを核とした森と街の直接連携によって、森林再生を持続可能なビジネスへと展開することを目的に開催いたします。建築業関係者と林産業関係者が一堂に会して需要と供給のミスマッチの本質的な原因を共有し、さらに造林や再植林、育林のための費用も捻出可能な適正価格で木材を購入し続ける仕組みについて議論を行うのが主なねらいです。奮ってのご参加をお待ちしております。

開催概要
■日 時 2013年6月15日(土)13:00〜17:30
■場 所
早稲田大学 西早稲田キャンパス 63号館201教室
 東京都新宿区大久保3-4-1
(副都心線 西早稲田駅 直結 / 高田馬場駅 徒歩15分)

■参加費:無料

■プログラム
●開会の挨拶: 田中 優(研究プロジェクト代表,一般社団法人天然住宅)

●ケース報告 (各15分)
1.『主旨説明:森と街を直接つなぐ意味』 高口洋人 (早稲田大学)
2.<仮題>『収穫期を迎えた森をどう生かすか』 山崎真理子 (名古屋大学)
3. 『森の再生に、街からどうかかわるか』 まさのあつこ (ジャーナリスト)
4. 『住い手と山と職人をつなぐ木組の家づくり』 松井郁夫 (ワークショップ「き」組み)
5.<仮題>『木材コーディネーターが森と街をつなぐ』 能口秀一 (NPOサウンドウッズ)
6.『国産材利用で、地域を、森を豊かに』水谷伸吉 (一般社団法人moreTrees)
7.<仮題>『住い手と直接つながる林業』 大場隆博 (栗駒林業)

●ミニラウンドテーブル(対話120分・まとめ30分)
モデレーター:高口洋人(前出),田中優(前出)
ケース報告者:(前出)
建築業関係者・林産業関係者

●閉会の挨拶: 外岡 豊(埼玉大学)

■お申込み
http://tennen.org/seminarentry130615.html
もしくは
下記アドレスへお名前・ご所属・連絡先を明記してお申し込みください。
◆お申込み先: morimachi8@gmail.com
*いただいた個人情報は、本会の参加者の確認、今後の当PJの
イベント等の情報提供のみで利用します。

■主 催
独立行政法人科学技術振興機構(JST) 社会技術研究開発センター(RISTEX)
研究開発プログラム「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」研究開発プロジェクト
『快適な天然素材住宅の生活と脱温暖化を「森と街」の直接連携で実現する(代表:田中優)』

■共 催
早稲田大学建築学科
早稲田大学理工学総合研究センター プロジェクト研究『サステナブル・デザインプロセス研究』

■お問合せ
Tel: 03-5726-4226(一般社団法人 天然住宅内)
アドレス: morimachi8@gmail.com
⇒ 案内チラシ(PDFファイル)
http://www.morimachi.net/event/miniRT0615.pdf


posted by てんねん at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験見学会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365252002
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。