2008年04月10日

イベント

4/10up: 4/10(木)「天然住宅」発表会。大盛況ありがとうございます。

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。


本日4/10(木)に開催いたしました「天然住宅」発表イベントに、恵みの雨の中、お越しいただきましたみなさま、250名の限界キャパいっぱい。さらにあふれて別室での中継にてご覧いただきまして、ほんとうにありがとうございました。関わっている者みな、感激しております。

CA330515.jpg

おかげさまで、ほんとうにすばらしいスタートを切ることができました。

みなさまの期待に応えて、すばらしい「住まい」と、循環を作り出していきたく思います。一方、みなさまこそが主役でもあります。未来のために力をあわせていければ幸いです。

本日が、日本の住宅産業、住まい手、そして山にとっての大きなステップであることを。

始まりました!クリスマス

発表は、副代表 田中の方から事業の背景と必要性を、代表 相根から住宅の現状と「天然住宅」のプランを説明させていただきました。

その後、LOHAS 視点から、最近 カーボンオフセットも始めていらっしゃる
イデトシカズ氏から応援メッセージ。
急遽登壇できなかったのですが、社会問題をテーマにしたクリエイティブエージェンシーであるサステナからマエキタミヤコ氏より、「日本のライフスタイルを底上げしてください」というメッセージをいただきました。
そして、エグゼクティブアドバイザーの前田からは
非営利の意義を説明させていただきました。

最後は、質問コーナー。
林産地の立場から、栗駒木材の大場氏と適材適所の会の加藤氏が登壇。
田中、相根も登壇し、パネル形式で質疑応答とさせていただきました。

価格、住宅バンク、林産地復活の面、無垢材のデメリット、耐震/耐火、エコヴィレッジ等々、多くの話題が出ました。
本当に多くの質問をいただき、全て取り上げられずに残念でしたが、みなさんの関心のありように触れられ、たいへん助かっています。別途、ウェブ等でお応えしていければと思います。

ありがとうござます。

<内容>
なぜ「天然住宅」事業が必要なのか(田中)
「天然住宅」とはどんな住まいか (相根)
メッセージ
イデトシカズ氏(ジーコンシャス(株)代表 ロハスビジネスアライアンス共同代表)
マエキタミヤコ氏(サステナ)(メッセージ読み上げ)
前田拓生(エグゼクティブ・アドバイザー)

天然住宅 なんでも質問コーナー
 大場隆博氏 (栗駒木材、 NPOエコラの森 副理事)
 加藤政実氏(適材適所の会 会長)
 田中優 (副代表)
 相根昭典(代表理事)





posted by てんねん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。