2011年09月06日

自主応援イベント

9/6up: 9/12(月) 魚沼伝習館 坂本恭一理事長「自然に遊ぶ 学ぶとは!?」 〜自然資源を生かした集落再生〜

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

天然住宅 代表の 相根昭典 も協力している 森の駅推進協議会 のイベントをお知らせいたします。

******************************************

以下 森の駅推進協議会メルマガ より引用)

2011年9月12日(月)「自然に遊ぶ 学ぶとは!?」 〜自然資源を生かした集落再生〜
  
NPO法人野外教育学修センター
魚沼伝習館
http://www.uonuma-denshukan.com/
坂本恭一理事長
のお話をお聞きします。

☆彡集落再生で日本が変わる!
森には宝物がいっぱい。
台風12号では紀伊半島方面が深刻なダメージを受けました。
皆様は大丈夫でしたでしょうか?
山村集落の高齢化は深刻で
防災面からも、集落再生はまったなしです。

9月12日の定例会のスピーカー、魚沼伝承館理事長の坂本恭一さんの
アイデアは、集落再生に向けて着々と花開いていました。
経産省の役人が3回研修に訪れ、
農水省や国土交通省の役人、大手電気メーカー…
と、中枢部も坂本さんのいる集落再生に注目しています。

南魚沼市は合併後人口が4万3000人で
面積 990平方キロメートル(東京23区は890万平方キロ)のうち
84%が 森林原野です。
魚沼伝承館のある福山新田の地域は、 
住民票150人ですが、実際には100人くらい…?
出稼ぎで出ている人たちもいるから、実態は見えないそう。 
山林資源は放置されています。
しかし、
「森林こそが、本来は豊かな資源」
と坂本さんは言います。

日本の限界集落は、どこもほとんど同じような条件下にあります。
ボランティアでは根付かない。(~_~;)
資源を経済的な価値に変えるしくみを作っていかないと地域は持ちません。

集落再生は、日本の未来も担っています。
森の宝物を発掘し、集落再生のアイデアを次々と編み出す坂本さん。
そのキーワードは、
「量より質」「若者の育成」「第一産業の分母」
その興味深いお話を12日の定例会で聞くことができます。


写真は、魚沼伝承館の若者が作っている
森の中の田んぼで、
日照の少なさとブナの森の湧き水が、
おいしいお米が出来るそうです。
森はいろいろな価値を生み出しているんですね〜☆彡

○●○森の駅発 定例会と魚沼伝習館訪問のお知らせ○●○

1)今季最後の定例会が開催されます。

NPO法人野外教育学修センター
魚沼伝習館
http://www.uonuma-denshukan.com/
坂本恭一理事長
のお話をお聞きします。

表情豊かな自然、四季、そして伝統や文化が脈々と受け継がれている
この地域での活動と 森の風を感じてみませんか?
田舎暮らしに少しでも興味のある方には特にオススメです。

1 月日時:平成23年9月12日(月曜日) 18:30−21:00
2 場 所:ベニーレ・ベニーレ 6F個室「ミラノ」
渋谷区神宮前4−31−10 YMスクウェア原宿 6F
(地図アドレスは下記をご参照ください)

3 講 師: 魚沼伝習館 坂本恭一理事長
4 話 題:「自然に遊ぶ 学ぶとは!?」
〜自然資源を生かした集落再生〜
5 会 費: 3000円 (ビールとソフトドリンク、軽食を用意しています)
6 お申し込み&お問合せ:morinoeki@gmail.com

※[場所について]
http://wedding.gnavi.co.jp/site/2/a759300/
(結婚式もできる素敵なレストラン)
JR原宿駅表参道出口徒歩5分
地下鉄千代田線明治神宮前駅5番出口徒歩3分
地図はこちら→ http://wedding.gnavi.co.jp/user2/map/?sid=a759300&hw=1

○●○お申し込み&お問合せはこちらまで:morinoeki@gmail.com
○●○「森の駅発」のHPアドレス:
http://www.morinoekihatsu.net/


【森の駅推進協議会】
代表  小澤普照(森林塾主宰 元林野庁長官)
副代表 酒井秀夫(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

事務局の住所   東京都大田区東馬込1−49−6
事務局の電話番号 TEL 03-3771-4870
事務局長 岡本 守生


引用ここまで)


posted by てんねん at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自主応援イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

自主応援イベント

1/13up:「子どもが産まれる前に考えておきたい家のこと」開催@愛知の吉村医院さん

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

明日1/14、愛知のあの吉村医院さんにて「子どもが産まれる前に考えておきたい家のこと」開催していただきます。ぜひ足をお運びください!

http://bit.ly/eP5u4B

……………………転載大歓迎……………………

と き 2011年1月14日(金)
    14:00〜 「子どもが産まれる前に考えておきたい家のこと」
        (「非営利 天然住宅」から、住環境を考える)
場 所 岡崎市吉村医院 母子保健室
参加費 無料
    ※活動資金にカンパいただけると嬉しいです。

子連れOK、飲食OK。駐車場有り。

主 催 「あいちエコピースデザイン」(自称、無敵な3人組)

☆斎藤 美紀 
「勇気づけの子育て 陽だまりの会 http://hidamari.main.jp/」代表。
 子育て支援、人権問題を得意とする。
「CAP、STEP、性教育」を広める活動をしている。

☆安藤さち子 
「くらら農園http://blog.yasaimaker-gen.namaste.jp/」の嫁。
平和、非戦、非暴力がキーワード。
ブログ「目利き屋アンダーグランドhttp://blog.goo.ne.jp/ungromekiki/

☆中根 桂子 
おもちゃ屋「バンビーノバンビーナhttp://banbino.jp/」オーナー
とよたプレーパークの会http://tppk.exblog.jp/世話人。
グリーンママンhttp://ameblo.jp/green-mamann/メンバー。
ブログ「バンビの独り言http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/」 毎日更新

お問い合せ&申し込みは中根まで。shop@banbino.jp

…………………
相根昭典、田中優が共同代表を務める、一般社団法人「天然住宅(非営利)」http://tennen.org/は、安全な素材99.9%で建てる「健康住宅」「自然素材の家」「化学物質フリーの家」。
住まい手、山林、作り手、環境、みなが幸せになることを目指しています。
…………………


posted by てんねん at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自主応援イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

自主応援イベント

5/24up:「こどもに手渡したい天然住宅」@愛知県岡崎市 by あいちエコピースデザイン

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

愛知県岡崎市で3人のステキなママたちが、うれしいイベントを企画してくれました(^ ^)

ありがたい限りです。
教育のこと、住まいのこと は もちろん
タイトルどおり、わたしたちが何を子どもに手渡していけるのか、
ヒント満載 な企画と思います。

ぜひ、ご参加してみてください!

***

「こどもに手渡したい天然住宅」


1部 わたしたちが子どもたちに手渡したい大切なこと
2部 非営利「天然住宅」で社会のゆがみを解決しよう
3部 「コモンズ(共有)の森」で日本の森を元気にしよう

と き 2010年6月26日(土)10:00ー12:00
場 所 岡崎市竜美丘会館 集会室末広 
    (岡崎市東明大寺5番地1 0564-24-3951)
参加費 1家族300円(場所・資料代)子連れOK!

詳細はコチラを〜
http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/e/2cfdca8b14f508f650c1a45baa9f76a9


posted by てんねん at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自主応援イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。