2013年05月17日

日記

5/17up:上棟式で餅まきをしました!

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

こんにちは、田中竜二です。

前日の雨を全く感じさせない見事な快晴の中、
O様邸の上棟式を行いました。

建て主様のご両親にも参加していただき、餅まきをし、
直会(なおらい)では、手作りの料理を振舞っていただき、
とても素晴らしい上棟式になりました。

内容をアンビエックスブログより転載します!

・・・・・以下転載・・・・・

みなさん、こんにちは。アンビエックスです。
5月3日に三鷹のO様邸にて上棟式を行いました。
今回はなんと東京では珍しい?餅まきを開催しました。

2013050823404284e.jpg
<板倉構造ですので木を多く使っていて迫力あります。>
<上棟の飾りも大迫力です。>

2013050823404906d.jpg
<餅まき、ちょっと高くて怖そうです。>
<ご近所の方も集まってくださいました。>


20130508234058921.jpg
2013050823425307b.jpg
<建主さまによる上棟式での四方清めと木槌にての打ち込み>

201305082340534a2.jpg
<直会での建主さま手作り料理の一部。とてもおいしかったです。>
<会話もはずみ、大工さんはじめ職人のみなさんと建主さまが打ち解けるよい機会となりました。>


とても良い天気でしたし。
建主さまにも喜んでいただけましたし。
建主さま手作りごはんもおいしかったし。
餅まきも成功しましたし。
建主さまスピーチにはちょっとジーンとさせられてしまいましたし。

ほんと最高でした。


営業スタッフから、餅まきをご提案させていただいたときには、
建主さまも、建主さまのご両親もあまりよく知らないとのことでした。
最近、アンビエックスでは静岡や新潟で、
盛大な餅まきに参加していたので、東京でもと思ったのですが。。

開催するにあたりどれくらいの餅を準備したらいいのか?
近所の人は集まってくれるのか?
建主さまに楽しんでいただけるのか?
などなど不安はいっぱい。。

でも、、ご近所の方も集まってくれましたし、大成功でした。
建主さまから、近所の方とも新しいつながりができたと言っていただき、提案した営業スタッフは、とても感動していました。
建主さまに楽しんでいただけて、スタッフ一同とてもうれしかったです。

次は、ぜひ、皆さまの餅まきと家づくりをお手伝いさせてください。

・・・・・ここまで・・・・・

上棟式の中で、一番印象に残っているのが、
締めに、施主のO様よりいただいたねぎらいの言葉です。

「政治家尾崎行雄の言葉に『人生の本舞台は常に将来にあり』という言葉があります。
この家が、私たちの次の世代、また次の世代、そのまた次の世代にとっての、素晴らしい生活の舞台になることを願っています」

人生の本舞台は、将来にある。
O様はそう考えて、「世代を超えて住み続けられる家」を建てています。

まだ見ぬ遠い将来を想像し、
その時代に住む人たちが幸せを築く基盤として、
最もふさわしいようにと、天然住宅と家を建てています。

O様のその思いは、きっと将来生まれてくる子供たちに届くはず。
そしてまた、その強い思いを、受け継いでくれると思います!

そんな大きくて、優しい思いを乗せた家こそ、素晴らしいものになるのでしょう。

工事はまだこれからですが、気合を入れ直して、ともにつくりあげていきましょう!


posted by GUEST at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

日記

5/2up: 完成見学会@新潟南魚沼「雪国の家」

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

完成見学会@新潟南魚沼「雪国の家」 
5/18(土)19 (日)  両日とも10:00〜16:00 (随時受付)


天然住宅が新潟県南魚沼市にも完成します。
つきましては、建主さんのご厚意をいただき、完成見学会を行なう運びとなりました。

南魚沼といえば、日本有数の豪雪地帯。
この地域の多くの家と同様、1階部分を鉄筋コンクリートで高床式とし、2階・3階が木造。
もちろん天然住宅ならではの空気の良さは折り紙付きです。

ようやく雪解けを迎えた新緑のこの時期、見学会の後は南魚沼の新緑でリフレッシュされるのはいかがでしょうか。
皆様のお越しをお待ちしております。

問合せ先(主催者):
株式会社藤川建設 担当:藤川隆
新潟県長岡市春日2丁目4番4号
TEL 0258-35-1851 FAX 0258-35-1852
e-mail benriya@beige.ocn.ne.jp
HP http://www2.ocn.ne.jp/~benriya

詳細はこちらをご覧ください(クリックでPDFが開きます)。


天然住宅の申込みフォームからお申込みいただいてもけっこうです。
http://tennen.org/seminarentry13051819.html



posted by てんねん at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

体験見学会・セミナー

5/1up:【報告】4/27(土)お住まい見学会@逗子

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

こんにちは、田中竜二です。
2/27(土)、お住まい見学会@逗子を開催しました。

当日は、雲ひとつない快晴。
山が見えて、海に近い、新逗子駅に降りると、
東京より一段、空気が澄んだような気持ちがします。

今回は建て主のM様の協力のもと、見学会を開催することができました。
ありがとうございます。

M様の御宅は、三角形の変形地に建つ2間×5間の長方形の規格型プラン。
比較的コンパクトなプランなのですが、地形をうまく設計に利用し、広々とした空間を演出しています。

DSCF4435.gif

リビングは勾配天井にし、2階リビングをひとつなぎの一体空間にしています。
南側に3F建て住宅が建っているのですが、東西と北面が開けているため、十分な明るさが採れています。また、広くとったバルコニーが、視覚的にリビングを広くしています。

DSCF4371.gif

ワークショップで皆で塗った「貝てき漆くい」は、ぱっと見は明るく、よく見ると味わい深く、M様の選んだ素敵な照明や家具と相性バッチリです。

DSCF4442.gif

DSCF4380.gif

M様の工夫やアイデアが至るところで光っています。
要望の優先順位、取捨選択がうまく噛み合って、暮らしやすい素敵な空間になっています。
参加者の皆様にとっては、家づくりのヒントがたくさん見つけられたかもしれませんね。

これからも、菜園や外構なども少しずつ仕上げていくそうです。
次回の見学会では、また新たな工夫がなされていることでしょう。

M様、またよろしくお願いします!



posted by GUEST at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験見学会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日記

4/30up: 構造見学会 5/11(土) @三鷹

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

構造見学会 5/11(土) @三鷹
のお知らせです。

★構造見学会とは・・・
工事が進んでいくほどに見えなくなってしまう、基礎や骨組、そして壁の中。
天然住宅のこだわりは見えない部分ほど多数存在します。
普段はスライドや写真でご紹介している
これらのこだわりを「生」で見ることができます。
期間限定のこのチャンスを是非お見逃しなく。




今回見学していただく住宅は、
「新板倉工法」で建築するお宅です。
普段の木造の約3倍の木材を使って建てる家は、
構造段階で、すでにその存在感が違います。
年間を通しても、数件ずつしか見られないこだわりの工法です。

他にも建て主さん自ら伐採した木材や
天然住宅のこだわりの素材などをご説明させていただきます。
是非足をお運びください。



★建物データ
敷地面積:97.116u(約29.37坪)
延床面積:74.52u(約22.54坪)
間取り:3LDK
工法:木造(新板倉工法)

★参加費:無料

★お申し込み受付
http://tennen.org/kengakuentry130511.html
先着順 各日20名様限定。
(お子さんが多いかもしれませんが、参加者のみなさま相互のご協力とご理解をいただければと存じます。)



posted by てんねん at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

暮らし+リンク

4/30up:【報告】4/20(土)暮らし+リンク「海の中の森づくりとは?」

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

寒さと雨が心配だった4月20日(土)。

第3回「暮らし+リンク」講演会場の田端GAホールは、そんな心配を吹き飛ばすほどの熱気に包まれ、会場は一杯になりました。遠く関西や東北からも足を運んでいただきまして、参加いただいた皆様には本当に感謝いたします。

第一部の渋谷正信氏の講演はさすがに非常に実務的な内容。海と山の関係性は、すでにぼんやりとではなく、とても密接な関係性が実証されていることを知りました。北海道舎熊での実証実験では山の養分を人工的に補給してコンブの再生に成功し、そこがゆりかごとなり、ハタハタ、ニシン、ウニ、アワビなどの海産物が集まり、漁師さんも大喜びという報告は、山の再生を標榜する我々にとっても大変励みになる内容でした。

第二部は、天然住宅代表の相根から国内林業の現状の問題点と天然住宅スキームによる改善策の話をさせていただきました。

まとめでは、海、山ともに人が手をかけ続けていく重要性が話し合われ、海の磯焼けも山の土砂災害など様々な問題点にもまだ手が打てるんだとの共通認識に至りました。

DSCF4182.gif

今動かなくてはという緊張感と共に未来への希望を得て閉会しました。

様々な改善をしながら今後も「暮らし+リンク」講演会は続いていきます。 どうぞ暖かく見守っていただきますようよろしくお願いします。

そして、これは!と思う回にはぜひ会場へ足を運んでいただき、ライブ感を一緒に味わいましょう。



posted by GUEST at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし+リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。