2013年03月22日

体験見学会・セミナー

3/21up: 「当たり前を取り戻す家」お住まい見学会@曙橋 3/30(土)

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。



「当たり前を取り戻す家」

震災以来、電気をはじめ、
エネルギーを誰かに頼った生活に疑問符がついています。
望ましいのは、各々が小さくオンサイトで、
自然エネルギーを利用した暮らしではないでしょうか。

今回見学をさせていただく住宅の建て主さんは
建築の計画に際し、使用するエネルギーを極力抑え、
またエネルギー源もできる限り持続可能なものへシフトしていくことを考えました。

その結果、太陽光発電、太陽熱温水器、雨水利用、
ペレット調理器など、最先端のエコ設備を設置しています。

先日開催したイベント「未来の当たり前を考えよう」でも
未来の当たり前の例として取り上げさせていただいた御宅です。

間取りについては、
奥さんが家で仕事ができるようキッチンとワークスペースを連続させ、
地下室をつくり子供のプレイルームにも使えるようにしたり、
また都会の密集地で、1Fに採光を取り込めるよう、
南に吹き抜けを配置しています。

玄関先には小さな畑をつくり、
玄関を広くとり土間のように使います。
都会に居ながらにして、
田舎のような暮らしができるようにと考えられています。

また、建て主さんはツアーや、見学会にも何度も参加していただきました。
玄関に見える柱はHさん自ら伐採したもの。
自分の家を構成する木材がどこのものであるか分かるというのは、
とても安心できることです。

是非、ふるってご参加ください!

場所:新宿区曙橋
(集合場所等につきましては、お申込み後に詳細をお伝えさせていただきます。)
参加費:無料

お申し込み受付はこちらから
http://tennen.org/kengakuentry130330.html

先着順(お子さんが多いかもしれませんが、参加者のみなさま相互のご協力とご理解をいただければと存じます。)


posted by てんねん at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験見学会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験見学会・セミナー

3/21up:個別相談会@四谷ひろば 3/30(土)AM

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

今回はいつもご要望いただいていました、
見学会同日での個別相談ができるよう、
別会場をご用意しました。

お土地のこと、お金のこと、ご計画について、
ご相談承りたいと思います。是非ご利用ください。


お住まい見学会は午後です。
相談会会場は、見学会会場から徒歩圏内の距離です。

http://tennen.org/seminarentry130330.html
より、事前にお申込お願いします。

10時〜12時

四谷ひろば 
http://www.yotsuya-hiroba.jp/access.html
2F コミュニティールーム4

「当たり前を取り戻す家」お住まい見学会@曙橋
http://tennen.org/kengakuentry130330.html




posted by てんねん at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験見学会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

日記

3/1up:前浜コミュニティセンター焼杉ワークショップ

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

震災後、「復興住宅プロジェクト」を経て、現在被災地で進めているのが前浜コミュニティセンターです。
皆様から多くの応援をいただいていた復興住宅プロジェクトは一旦中止になってしまいましたが、このような形で被災地と結びいています。地元の人々を巻き込んだ意義のあるプロジェクトがようやく形になりつつありますので、報告いたします!
http://ambiex.blog15.fc2.com/blog-entry-197.html (前回 アンビエックスブログ2012.9)
http://ambiex.blog15.fc2.com/blog-entry-213.html (今回更新)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。アンビエックスの小野寺です。

2泊3日で復興支援プロジェクトの前浜コミュニティセンターの現場に行ってまいりました。

基礎は綺麗に打っていただいていました。

IMG_2106_convert_20130226175409.jpg

そして、そうです。お気づきですか?雪なんです。基礎も雪でお化粧をしていました。さらに、運が良いことに今シーズン一番なのでは?という冷え込みでした。全身が芯から冷える体験はあまりすることがないので、貴重でした。



今回のメインは焼杉ワークショップ。

「でぎるごどはみんなでやっぺし!」という非常に前向きな住民の方々。工事の中で住民の皆さんでできそうなことを選択して、弊社と施工会社も参加して、みんなで作るコミュニティセンターにしようという狙いです。

焼杉ワークショップはその第一弾です。外壁に使用する焼杉をみんなで焼こうというワークショップです。

R0019213_convert_20130226180331.jpg
これが作業小屋。これもみなさんの手作りなんです。なんというスキルでしょうか。。恐るべし。。

IMG_2172_convert_20130226180927.jpg
焼かれる前の杉板。長さは4mで、なんと700枚あります。

IMG_2153_convert_20130226181700.jpg
ガスバーナーでひたすら焼いていきます。杉板の表面を炭化させることで、耐久性や防虫効果などいろいろな性能を向上させることができます。見た目も落ち着いていい雰囲気を醸し出すニクい奴です。

IMG_2175_convert_20130226182206.jpg
焼いて・・・

IMG_2182_convert_20130226183034.jpg
焼いて・・・

IMG_2232_convert_20130226183832.jpg
焼きまくる・・・

IMG_2219_convert_20130226185842.jpg

IMG_2230_convert_20130226184314.jpg
代表の相根をはじめ、我々も焼きまくる・・・

ちなみに、ガスバーナーや杉板を置く台も、道具はほぼ住民の方々のものです。昔から、なんでもできることは自分たちでやってきたみなさんの心意気。しびれます。

IMG_2216_convert_20130226184756.jpg
↑杉板にある「節」は焼きにくいのですが、住民の方のアイディアで見事綺麗に焼けました。板で囲って焦点を絞るんですね。なるほど。

IMG_2213_convert_20130226185349.jpg
↑また、3枚の杉板を組んで筒状にして焼くのも住民の方のアイディア。効率がぐんと上がりました。

この日は70枚完成しました!まだまだ先は長いですが、みなさんの技術と能力ですぐに終わりそうな気もします。本当にすごいぞ、気仙沼。。



鼻の中は燻され、真っ黒でした。。




夜は小屋から集会所に移り、アツい議論をかわす。みんなで歩みよっていいものを作り上げようとするこの感覚は、本当に素晴らしいものです。




翌日は木材を見てきました。刻みをしてくれている大工さんの笑顔が素敵で安心しました。

IMG_2241_convert_20130226190205.jpg
↑山形から寄贈された「友情の大黒柱」のコブシの木です。迫力に圧倒されました。




話は変わりますが、今回2泊お世話になったのは現場近くのペンション。気さくな女将さんと、とってもおいしい料理。マグロやら牡蠣やらタコやらワカメやら。。本当においしかったです。

R0019264_convert_20130226190434.jpg

R0019260_convert_20130226190617.jpg

津波で流されてしまったペンション。昨年の10月に新築で再オープンしたそうです。親戚や友達15人が津波で亡くなったそうです。このような方々がたっくさんいらっしゃいます。でも、本当に美しい笑顔で迎えてくれるんです。いろんな話をしてくれるんです。

言葉は出ません。出したくもありません。




みなさんのために、愛を持って、頑張りたいと強く思いました。
IMG_2295_convert_20130226190955.jpg

(アンビエックスブログより転載)


posted by GUEST at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体験見学会・セミナー

2/28up: オーガニック住宅&賃貸物件「モーラの家」見学会@志木 3/23(土)

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。


天然住宅初の建売住宅の内覧会です。

天然住宅の理念に賛同してくれた不動産会社
株式会社ミヤケン (埼玉県志木市)
http://www.kk-miyaken.co.jp/
が天然住宅の仕様で建てた物件です。
建主のミヤケンさんは栗駒ツアーにも参加していただきました。

内装・構造ともに宮城県栗駒産の木材を使用。
有害化学物質もできる限り使用せず、素材に徹底的にこだわっています。
また電磁波対策も万全です。
周りの環境もとても良いところです。

建売ですので、気に入った方は、
もちろん購入することも可能です。

★建物データ
敷地面積:52.80u(約15.97坪)
延床面積:59.62u(約18.06坪)
間取り:2LDK
工法:木造(強化筋交工法)


同時に天然住宅仕様で建てたRC賃貸住宅「モーラの家」
http://ameblo.jp/moora/
の見学もさせてもらいます。
現在、すでに満室なのですが、
そのうちの一室を見学させていただきます。

「モーラの家」の名前の由来は「網羅」。
地球環境と健康を考え、次世代に残せる社会資産としての建築。
そのためにやりたいこと(やるべきこと)を網羅した住宅なのです。

天然住宅のこだわりである、化学物質を極力使わず、
自然素材の組み合わせと、長寿命の構造に加え、
建て主さんのこだわりが随所に現れています。

・太陽熱温水器
・ペレットストーブ
・菜園付き
・共同の井戸
などが標準搭載されています。

初期投資なしで、
スローな暮らしを実現できるステキな賃貸住宅です。

ミヤケンさんからのお話と、天然住宅のお話もさせていただきます。

場所:志木
(集合場所等につきましては、お申込み後に詳細をお伝えさせていただきます。)
参加費:無料

お申し込みはこちらから
http://tennen.org/kengakuentry130323.html
先着順
(お子さんが多いかもしれませんが、参加者のみなさま相互のご協力とご理解をいただければと存じます。)


posted by てんねん at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験見学会・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

日記

2/26up:久我山エコマンション内覧会≪報告≫

森を守って 健康長もち。「天然住宅」です。

こんにちは。
天然住宅の田中竜二です。

2/23(土)に行った久我山エコマンション見学会の報告をします。

今回は珍しく賃貸物件の見学会でした。
築6年以上のこちらの賃貸物件は、
RC(鉄筋コンクリート)造のラーメン構造。
将来的に壁を取り払い、間取りを変えられる工夫がなされています。

中に入ると、ワンルームマンションにあえて広くとったエントランス。
P1010062.gif

南側向きの部屋(夕方撮影)
P1010052.gif

P1010057.gif

内装は貝てきパウダーの吹き付け。
貝を原料としていて、消臭・調湿効果があります。
床は天然コルク。

化学接着剤や合板は使用していないので、
入った瞬間の匂いがしません。

代表相根によるセミナー
P1010031.gif

オーナーさんからもお話を伺わせていただきました。
P1010035.gif

天然住宅(当時のアンビエックス)との出会いから建てるまで。
また、建ててからのこともお話してくれました。

こちらのマンション、
「業者に任せると勝手に薬剤をつかっちゃうから」
なんとオーナーさんが自らお掃除されているそう。
それを見て、住んでいる皆さんも大事にお部屋を使ってくれるんです。

オーナーさんは、この建物の半地下階でモンテッソリー教育の
幼児施設をされています。
手触りや材質などを大切にする場所だからこそ、
安全な素材がいいのですね。

それから、素材のことまで詳しい案内をしてくれる
不動産屋さんもなかなかいないので、
入居者集めは少し苦労するのだそうです。
オーナーさん「不動産屋さんに言われたの。
私、魚のいないところに網を張ってるんですって(笑)」

「でも住まわれる方は皆入居してから気に入ってくださるので、
長く住まわれる方が多いんです」

これから、年度末に向けて入居者募集予定ですので、
もし気になるかたがいらっしゃいましたら、天然住宅までお問い合わせください!


posted by GUEST at 11:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。